レディー

人気のエリアで不動産売却に成功|良い物件選びは不動産会社へ依頼

条件の良い売却にするため

硬貨

債務者の希望を反映

任意売却とは、返済することのできなくなった住宅ローンを、住宅そのものを売ることで返済することです。通常は、返済が不可能になると、債権者によってその住宅の競売の申し立てがおこなわれます。そしてその住宅は、落札者の決めた金額で、落札者の希望する日時に、売却することになるのです。多くの場合は、債務者にとって不利な条件での売却となるのですが、これを回避するためにおこなわれていることが、任意売却です。任意売却の場合、売却価格や日時に、債務者の希望をある程度反映させることができます。そして任意売却のコンサルタントに相談すると、その希望がより反映されやすくなります。住宅をより高値で、希望する日時に売ることが可能となるのです。少しでも良い条件で住宅を売却するために、多くの人がコンサルタントに相談しています。

新しい生活を快適に

コンサルタントに相談すると、コンサルタントはまずは債権者と、競売の申し立てを待ってもらうための話し合いをします。その後、その住宅の買い手を探し、見つかれば買い手との話し合いで、具体的な売却価格や日時を決めていくことになります。このようにコンサルタントは、債務者と債権者と買い手との間に入って様々なやりとりをおこなうのです。そのやりとりの過程で、債務者のその後の生活ができるだけ快適になるような工夫が多くこらされます。たとえば、住宅の売却によりまとまったお金が入ってきますが、それは本来は、全て住宅ローンの返済に充てられます。そのため新しい生活に必要となるお金が不足することがあるのですが、コンサルタントに相談すると、そのお金が手元に残るように調整されるのです。こういった働きにより、債務者はよりスムーズに新生活をスタートさせることができます。